住まいを賃貸にするか、持家にするか

住まいを襲う災害への備え

住まいを賃貸にするか、持家にするか 住まいを手に入れたら、楽しい生活が待っているはずです。しかし、その分リスクもしょい込むことになります。特に災害に関するリスクは無視ができません。住まいを襲う災害は、地震だけではなく、台風による被害や最近は竜巻のリスクもあります。備えが必要です。地震に関しては、もともとの地盤がどういう状況かをよく調べて買うことがもちろん前提になります。液状化になってしまえば家がいくら頑丈でも住むことができなくなります。マンションの場合は、地震後に住める状態かどうかは別にして、命を守る程度の強度はかなり期待できます。一軒家の場合は、耐震補強をするなどの対策を厳重にしておく方が無難でしょう。

また、風水害に関するリスクや竜巻に関するリスクについては、地震と違い、ある程度の予測が可能です。竜巻については予測が難しいですが、怪しい雲行きになった時が危ないというあたりのつけ方は可能です。住まいについては、浸水しやすい場所を選ばないようにした上で、躯体以外の部分(ガラスなど)の崩壊による怪我などの二次災害が起こらないような家具や道具などを考えて購入することが対策になるのかもしれません。

それでも住まいを完全にリスクから守るのは不可能です。ある意、住まいは、リスクから私達を守ってくれるものですから、リスクをかぶる立場にあります。したがって、住まいは被害を受けることが想定されます。そんな時は、火災保険や地震保険に入ることでその発生した損害をカバーするという方法で対処するのがいいでしょう。

イチオシサイト

Copyright (C)2023住まいを賃貸にするか、持家にするか.All rights reserved.